おうちコープ不在受け取り(1)【徹底実録】利用経験者の詳細体験記

■本サイトの注文ランキング1位■
(2018年1月〜3月集計)
イチバン人気のOisixをご紹介♪


【地域限定おトク情報】
神奈川・静岡・山梨向け

頼まなくちゃ損!
生協の【無料】おためしセット♪
はじめての方限定です

>>> 無料プレゼントをみる <<<

生協の食材宅配サービス「おうちコープ」では、不在でもきちんと梱包温度対策安全対策をした上で、留守置きしてくれます。

実際に不在受け取りを体験したときの状況を、写真付きで詳しく解説します

受け取り時の状況

私たちのマンションはオートロックですので、通常はマンションの入り口に商品を置いていってもらいます。

今回は、偶然同じ階でリフォームをしているためオートロックが開いていました。

ですので、配送担当員の方が玄関先まで届けてくれました。

こんな感じで留守置きされています。

今回は量が多めだったので、大きく2列にそびえ立っています。

結構なボリュームです。

まずは封印シール鍵付きベルトを外し、

 

そしておうちカバーを外します。

おうちカバーを外すとこんな感じで収納されています。

さて、安全対策温度管理対策を見てみましょう。

安全対策:封印シールと鍵付きベルト

グリーンの部分が封印シールピンクの部分が鍵付きベルトです。

封印シール

今回は箱が2列ですので、それぞれの列に封印シールがついています。

封印シールおうちコープ標準のサービスです

箱におうちカバーをかけた上で、封印シールが付けられています。

万が一、荷物が開けられてしまっていた場合には、この封印シールが破れるので、すぐに分かりますので、安心です。


【クリックで拡大します】

実際にはこんな感じです。

 

鍵付きベルト

私は「鍵付きベルト」について、無料資料請求後の訪問説明の時におうちコープの説明員の方から話を聞きました。

こちらの記事です。おうちコープの始め方 | 契約・利用開始

希望者にはこの「鍵付きベルト」を貸与してくれるとのことです。

受け取り環境によっては不要かもしれないですね。

我が家の場合にはオートロックのため、マンション入口の外に留守置きしてもらうこともあるので、この「鍵付きベルト」を利用させてもらうことにしました。

  • 必要な方は説明を聞く際に、借りることをオススメします。

鍵付きベルト」の全体はこうなっています。

プラスチック製の底板にベルトが通り、その両端にバックル状の鍵がついています。

鍵はいたってシンプルです。

  • 不在の時はあらかじめ、留守置きをしてもらう場所にこの「鍵付きベルト」を出しておきます

この底板の上に、発泡スチロールの箱が重なり、全体がベルトでまとめられていました。

カギの外し方はいたってシンプル。鍵を入れて、引っ張るだけです。

封印シール」と「鍵付きベルト」のおかげで、いつも不安なく食材を受け取れています。

温度対策

おうちコープの公式情報では、このように解説されています。

【クリックで拡大します】

さて、実際はどんな感じでしょうか。

冷凍品

まずは冷凍品の箱を開けると、保冷効果を向上させるシートがかぶされています。

   

大きめのドライアイスが4本。結構なボリュームです。

iPhoneと比較すると、こんな大きさです。

冷蔵品、野菜・果物

こちらは、蓄冷剤が入っています。

蓄冷剤自体は多少重さがあります。食材に直接乗らないように、発泡スチロールのフチに引っかかり浮くようになっています。

ちょっとした配慮が嬉しいですね。

冷蔵品仕様のボックスは今回3つ。

それぞれ「冷蔵品全般」、「野菜その1」、「野菜その2(きのこ)」の梱包です。

常温品

常温品は、「通い箱」と呼ばれるプラスチック製の箱にそのまま入っています。

もちろん、下のものがつぶれないような配慮をして詰めてありました。

「留守置き」公式動画
by おうちコープ

おうちCO-OPを運営する生活協同組合ユーコープが配信する動画の紹介です。

「留守置きの様子がわかる40秒動画」

動画を見ると、よりイメージが湧くのではないでしょうか。

以上、おうちコープ不在受け取りの経験者の体験実録でした。

続編がありますので、下の記事もどうぞご覧ください。

不在受け取りの関連記事

ご利用を考えている方は、事前に読んでおくと役立ちます。

こちらの特集記事も、ぜひ見てくださいね!

→ 【特集記事】生協の食材宅配「おうちコープ」の関連情報をまとめました

シェアする